無料ブログはココログ

« 関連して 学校給食費について仙台市教育委員会、少し対応に変化 | トップページ | 昨日の風はひどかった 今日は花粉が・・・ »

2012/03/31

仙台市議会 2-3月議会を終えての市議団声明と 議論のまとめ

2012(H24)年度第1回定例会を終えて 

 2012316日 日本共産党仙台市議団

 

東日本大震災から1が経過しました。家族や愛する人を亡くした悲しみはいまだ癒えず、住まいや生活再建の見通しすら持てずにいる方がたくさんおられます。こうした時期に開かれた今回の定例会は、被災した市民に寄り添い、その願いを後押しする施策や予算を作ることが求められた議会でした。

 

今議会に提案された一般会計は、前年度比で31.2%増5,787億円となり、特別会計、企業会計を含む仙台市全体の予算は過去最大の11千億円を超える規模となっています。このうち、震災復興に関連する予算は、1,544億円です。

 

日本共産党市議団は、市民の生活再建を進めるうえで何が障害となっているのか、それを取り除く打開策を積極的に提起して奮闘しました。こうした立場から、提案された100件の議案中、92件に賛成し、 8件に理由を明確にして反対しました。

市議団は、市民の役に立つ施策として、予算の組み替えを積極的に提案しました。(提案内容は以下)

 被災店舗やアパートの大家に半壊以上50万円以上の工事に一律50万円の補助(5億円)

一部損壊家屋の修理に一律10万円の助成(100億円)

住宅の傾きを直すジャッキアップなどの工事に、一律300万円の補助(15億円)

敬老乗車証事業での被災者支援の延長(7000万円)

国保料の一人1万円の引き下げ(25億円)

子どもの医療費助成制度で一部負担をなくし、中学卒業まで入院・通院とも無料に(15億円)

放射能対策、18歳未満のすべての子どもに健康調査(20億円)

給食センターの放射能測定器増設と測定者の配置、単独調理校への測定器配備(3億円)

 

 これらに必要な財源は約184億円、東京電力や国に財源を求めるものを除くと77億円で実施可能です。やる気になれば、十分やれるこれらの提案について、奥山市長は「財政がきびしい」との理由を繰り返し、ことごとく拒否をしています。

 一方、地下鉄東西線建設工事費への大盤振る舞いは、震災前にもまして極端になっています。2011年度、2010年度から繰り越された工事費は500億円を超えました。新年度いくら工事を急いでも、繰り越し分を消化しきることが出来ないのは明らかです。それなのに、単年度史上最高額366億円を上乗せする予算です。上乗せをやめれば、一般会計から出す1638000万円を被災者救済の施策に使うことができます。毎年東西線工事のため基金に積み立てている約40億円を新年度はやめることや、決まってもいないパンダ導入のためにコンサルに1500万円を出すなどのムダを省けば、市民の願いに応える財源はまだまだ生み出すことが出来ます。

 

 議会がすすむ中で、損壊家屋等の解体撤去の受付期間の延長が決定されたことは、強く求めてきた立場から歓迎するものです。

 宅地被害の復旧や、津波地域での移転や再建でも、実際の工事が終わるにはまだ1年から2年の期間を要します。いずれは取り壊さざるを得ない建物でも、なんとかそれまで持たせて住んでいる人たちがいます。解体撤去は工事に合わせて実施する必要があります。早々と受付を打ち切る段階ではありません。日本共産党市議団は、高橋ちづこ衆議院議員を通じて、また直接、政府環境省の担当課に、「受付期間の延長はダメだと言っているのか」ただし、「延長を決めるのは自治体。今言われたような理由ならば認めることになるだろう。」と確認をしました。代表質疑でもこのことを明らかにして、仙台市として受付期間延長の決断を迫りました。

 市長や、議長が政府に要請をする中で、「自治体が延長を決めればよい」ことが表明され、やっと奥山市長が「受付期間延長」を表明しました。

 

 また、仙台市が申請した災害関連地域防災がけ崩れ対策事業、43ヶ所のうち、10ヶ所しか国が認めなかったこと、認めた個所でもがけの高さが3メートル以下になった部分は工事対象からはずすという道理のなさを取り上げ、不当な査定に「市は引きさがるな」と主張しました。この質問が、契機となり、市の申請が認められる方向で国も動き出したことも、前進面の一つです。

 

 今回の経緯で明らかになったことは、国の判断待ち、あるいは指示を仰ぐという姿勢では、被災者、市民の生活再建はなしえないということです。被災者の立場に立ちきり、実態をリアルに伝えて、国に必要な財源を保障させる、一歩も引かない毅然とした姿勢が被災自治体には求められています。被災地の議会としても、同様の役割を果たせるよう今後とも奮闘する決意です。

 

1回定例会の主な議論

2/23(木)代表質疑 ふるくぼ和子議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120223_0030_furukubo-kazuko.asx

 災害危険区域は外し、住民合意による移転促進

 農業者主体の農業再生と市の責任

 被災した中小零細事業者に対する直接支援制度

 行革計画に基づく職員削減計画の中止

 公契約条例の制定

 宅地被害で傾いた自宅再建のための支援制度創設

 生活再建を進めるための福祉の充実

 子どもの健康調査と全ての学校給食の放射線測定

 東西線建設当初予算の削減

 消費税増税なしの社会保障充実

 

2/24(金)一般質問 嵯峨サダ子議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120224_0060_saga-sadako.asx

 造成宅地滑動崩落緊急対策事業の年度内着手

 分担金の確約がとれない方や、住まないと決めた宅地所有者への減免措置

 がけ崩れ対策事業の個人負担をなくす方策

 市独自支援策の一割負担は宮城県に求める

 宅地被害支援対象外の救済策

 緑ケ丘四丁目の宅地被害対策

 丘陵部における防災集団移転促進支援

 損壊家屋等の解体・撤去受け付け期間の延長

 宅地造成等規制法適用の遅れと宅地被害の関係

 県住宅供給公社の責任と行動

 

2/27(月)一般質問 花木則彰議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120227_0070_hanaki-noriaki.asx

 介護保険

   「介護予防・日常活動支援総合事業」

   「日常生活圏域」ごとのニーズ調査とサービス提供

   1000人分の特養ホーム整備

   保険料を上げなくてもサービス充実させる制度改革

   敬老乗車証など高齢者福祉政策の充実

 国民健康保険 

   「旧ただし書き方式」への賦課方式押しつけ 

   国保制度破滅を早める広域化 

   国庫負担5割に戻す国への働きかけ

 

2/28(火)「職員の給与に関する条例改正」に対する質疑 花木則彰議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120228_0090_hanaki-noriaki.asx

・大幅な給与カットを行う理由

・「市の財源不足」の原因

・公務員の役割の重要性

・仙台市人事委員会の役割

 

予算等審査特別委員会

市民費

ふるくぼ和子議員 

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120301_0100_furukubo-kazuko.asx

 

健康福祉費

ふなやま由美議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120305_0030_funayama-yumi.asx

すげの直子議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120305_0040_sugeno-naoko.asx

ふるくぼ和子議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120305_0050_furukubo-kazuko.asx

 

環境費

嵯峨サダ子議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120306_0040_saga-sadako.asx

 

経済費

庄司あかり議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120306_0080_shouji-akari.asx

 

土木費

高見のり子議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120309_0020_takami-noriko.asx

庄司あかり議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120309_0030_shouji-akari.asx

 

消防費

花木則彰議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120312_0030_hanaki-noriaki.asx

 

総括質疑

嵯峨サダ子議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120315_0040_saga-sadako.asx

 

討論

すげの直子議員

http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/data/asx/sendai-city_20120316_0010_heikai.asx

 

 

|

« 関連して 学校給食費について仙台市教育委員会、少し対応に変化 | トップページ | 昨日の風はひどかった 今日は花粉が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/54352272

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台市議会 2-3月議会を終えての市議団声明と 議論のまとめ:

« 関連して 学校給食費について仙台市教育委員会、少し対応に変化 | トップページ | 昨日の風はひどかった 今日は花粉が・・・ »