無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012/10/25

原子力規制庁の拡散シミュレーション そんな狭い範囲だけでは対策は足らない!

 10/24に発表された原子力規制庁の「放射性物質拡散シミュレーション」。一週間で外部被ばく、内部被ばく合わせて100ミリシーベルト以上になる地域が30㎞圏を超えるところがある(柏崎刈羽、浜岡、大飯、福島第二の4か所)・・・とニュースは伝えています。しかし、そこ以外はあまり考えなくてもよいかのような報道と受け止めになっているのでは?
 原子力規制庁は「地域防災計画を立てる時の参考にしてほしい」と言っていますが。

 規制庁のサイトからダウンロードしてみると、何をシミュレーションしているのだか分からないものになっています。[目的]で、「防災対策を重点的に充実するべき地域の決定の参考とすべき情報を得るため」「周辺地域における放射性物質の拡散の仕方を推定」と言っているのに・・・。結論的にいうと、どの方向に飛ぶ確率が高いかという分布を示しているだけ。「地形が考慮されていない」よりもっと以前の問題です。

Onagawasim20121024

 たとえば仙台市の地域防災計画を作るのに必要なのは、女川⇒仙台の方向の風(西~西南西)が吹く確率ではない。その風が吹いているときに、女川で事故が起きた場合、放射性物質の雲が海を渡って50㎞の仙台にどれだけ来るのか、チリとして降るのかということ。
 間に山があれば山を越えてくる量は減る。仙台までは、ほとんど海。仙台平野や山間部に湿気を含んだ空気が雨を降らすとどうなるのかなど、有効な情報は何もありません。

 何のためのシミュレーションなのか。これを真に受けて、対策を軽くするなど許せません。
 仙台市は、地域防災計画を決める防災会議に「原子力防災部会」を設けて「原子力災害対策編」の検討に入ることを発表しました。10/30には、東北電力を含む9人の防災会議委員に加えて、石井慶造氏(東北大学量子エネルギー工学)、千田浩一氏(東北大学医学部)、石川一郎氏(原子力安全技術センター)や仙台管区気象台など各分野の専門家とPTAなどからも専門委員として入ってもらって第一回の部会をひらきます。会議は原則公開となると思われるので、できる限り傍聴したいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/18

復興予算は被災者の生活再建のために…仙台市議会(9/5~10/5)

 仙台市議会第3回定例会を終えての、感想や総括を行いました。

 NHKの番組で国の19兆円の復興予算が、国民からは「震災復興とは関係のないもの」に使われている実態が明らかにされ、話題となっています。昨年度の仙台市の決算を行う中で、被災した人々、中小業者への生活再建のために使われたお金は本当に少なかったと感じます。
 被災者の生活再建に、まっすぐ手を差し伸べる政治となるために、私は代表質疑で次の3点を、政治の原則にすべきだと提案しました。

①すべての被災者の救済に国が責任を果たすことを明確にすること。

②被災前の状態に戻すことは、「新たな個人資産の形成」には当たらず、被災者の生活再建の当然の原則とすべきこと。

③被災者の生活再建ができるまでの間、生活を保障する制度をつくること。

大災害からの復旧・復興に取り組む私たちが直面している政治的カベの、突破を訴えて、被災者を国の力をあげて救う、安心の日本を目指すべきである。

 日本共産党の第5回中央委員会で、国の災害政策の根本的転換を求めるとして決議された内容も、被災地の私たちの声がきちんと反映したものだと歓迎しています。

 ①「個人財産の形成になる」という古い「原則」に固執していることが、復興の最大の障害になっている。生活と生業の再建に必要な公的支援を行うことを基本原則にすえるべき。

 ②事業者の規模や競争力、被災者の区域指定などで上からの線引きが行われ、支援に差別が持ち込まれている。被災者・被災地の実情や実態を反映しない「線引き」をやめ、すべての被災者を支援の対象とすべき。

 ③被災者を見捨てる「期限切れ」での支援打ち切りをやめ、生活と生業の再建を最後まで支援し、被災者とともに歩む姿勢を明確にすべき。

 政治の在り方が、この面でも問われていると思います。

日本共産党市議団の声明は、[続きを読む]から

続きを読む "復興予算は被災者の生活再建のために…仙台市議会(9/5~10/5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/13

ゴジラも 「原発なくして!」と言っています

 仙台での原発なくせの集会・デモ、7月以来、毎週金曜6時集合で続いています。私も先々週、議会準備で参加できなかったのを除けば、必ず出るようにしています。
 もう一つ、心がけているのは、アピールのためのグッズを用意すること。

P1000631_450x338

 1号は、A3のルミパッドを使って、光る[点滅する]プラカード。

 2号は、LED照明で下から照らす脱原発アピール傘。

 そして、昨日急きょ作ったのが、3号ゴジラ人形。背中に固定するのに工夫が要ります。手にはプラカードを持って動かせるようにしています。「放射能は、もうおなかいっぱい。原発なくして!」と放射能好きのゴジラも言っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/08

子どもは4人とも学童保育を卒業・・・でも、親は「やっぱ学童っていいなぁ」

Dscn0121_450x338

 議会が5日に終り、6日.7日は埼玉で開かれた「第47回全国学童保育研究集会」に行ってきました。史上最高の5,802人が参加し、学び、議論し、交流し・・・私も久しぶりに会う人たちもたくさんいて元気をもらって帰ってきました。

 学童保育の指導員、保護者、行政の担当者、子ども達、研究者のみなさん・・・実行委員会の合言葉は「ありがとう!あってよかった学童保育」

Dscn0120_450x338

 これまで宮城県からはなかなか参加者が少なかったのですが、今回は沿岸部の津波被災地域を中心に指導員さんたち40名以上が参加。全国各地の学童保育指導員の元気な姿を見て、自分たちの仕事への思いを新たにしたのではないでしょうか。

 分科会は、児童館や「全児童対策事業」と学童保育が子どもの放課後の在り方にとってどう役割を果たすのか・・・という難しいテーマで各地の状況を出し合い討議しました。
 児童館が小学校区など身近に整備されてきた都市と、児童館がほとんどなく学校の空き教室をつかっての小学生向け「全児童対策」が上から作られている都市。さらに、その全児童対策事業の時間を延長して「5時から学童」的なごまかしをしようとしている都市。それぞれの子どものニーズに合わせて手厚く支援すべきなのに、人もお金もかからないいい加減な施策に置き換えようとする「一体化」はダメと整理されました。

 研究集会が16時、草加市にある独協大キャンパスで終わると急いで仙台に戻り、遠刈田温泉で開かれていた「復旧・復興全国交流集会」に駆け付け8日昼まで参加してきました。幅広い課題について10の分科会を開き、各分野での被災者本位の復旧・復興をどう進めるべきか、真剣に話し合われていました。

 外は、秋晴れの素晴らしいお天気でした。青い空に、緑の蔵王がくっきり見えました。山頂付近は紅葉がはじまったらしく、少し黄色くなっています。

Img_0207_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/06

まともな生活を送りたい! 仮設住宅での住み替え問題で要望書

 10月2日 仙台市議団の緊急要望としては通算19番目となる要望書を市長あてに提出しました。(要望書は「続きを読む」かこちらから「1920121002.doc」をダウンロード

 

 申し入れには、実際困っている被災者の方も参加して、切実に訴えました。

市からは復興局次長と仮設住宅調整室長が、対応しました。

Dsc_4129_450x299

 あすと長町のプレハブ仮設に、夫と2歳になる子どもと住んでいる方は、もうすぐ二人目の出産です。四畳半2Kの部屋では、一部屋が事実上物置となっていて、一部屋でリビング、食事、ふとんを敷いての寝室にもなっています。赤ちゃんが産まれた時ベビーベットも入れられません。プレハブ仮設の住民の皆さんも、少しでも出産にふさわしい環境で生ませてあげたいと心配しています。3Kの空き室があるので移らせてほしいとの要望です。

 もう一方は、震災後結婚して東京にいる娘さんが里帰り出産をしたいがJR住宅の借り上げ仮設は狭すぎるので、もう一部屋を借りられないかという相談です。よく聞くと、今でも狭さからくるストレスでご家族に心身ともに影響が出ているとのことでした。

 そして、津波で家が流された3世代のご家族が、仮設住宅の建設が待てずに内陸部のアパートに入り借り上げ仮設住宅となった若い世帯と、地元にできたプレハブ仮設の親世帯に別れて住んでいるご家族です。来年4月には、子ども(孫)が小学校入学を迎えます。地域の再生、まちづくりにも積極的に参加したいし、子どもは地元の小学校に入れたいと強く願っています。地元のプレハブ仮設に空き室もできているので、そこに住み替えをさせてほしいというのです。今住んでいるアパートの大家さんは、借り上げ仮設の3年目の延長には同意していないので、いづれにせよ転居を考えなければならない状況です。

 仮設住宅は「数か月」という想定で作られた制度です。実際には2年さらに数年と長期にわたって暮らさなければならない事態がこれまでもありました。子どもが大きくなったり、出産したり・・・被災者が当たり前に送ることができていた生活をどう取り戻し支えるのかに、行政のあたたかさが求められていると思います。

 その後、2、3例目には要望実現の方向で検討が進んだようですが、1番目の例は打開策が出されていません。こういうところにこそ、子どもを産み育てることへ市が努力すべきだと思います。引き続き、住民のみなさんの思いや声を伝えて、前進させたいと思います。

続きを読む "まともな生活を送りたい! 仮設住宅での住み替え問題で要望書"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »