無料ブログはココログ

« 復興予算は被災者の生活再建のために…仙台市議会(9/5~10/5) | トップページ | 読んだ本などの記録用にカテゴリーをつくりました »

2012/10/25

原子力規制庁の拡散シミュレーション そんな狭い範囲だけでは対策は足らない!

 10/24に発表された原子力規制庁の「放射性物質拡散シミュレーション」。一週間で外部被ばく、内部被ばく合わせて100ミリシーベルト以上になる地域が30㎞圏を超えるところがある(柏崎刈羽、浜岡、大飯、福島第二の4か所)・・・とニュースは伝えています。しかし、そこ以外はあまり考えなくてもよいかのような報道と受け止めになっているのでは?
 原子力規制庁は「地域防災計画を立てる時の参考にしてほしい」と言っていますが。

 規制庁のサイトからダウンロードしてみると、何をシミュレーションしているのだか分からないものになっています。[目的]で、「防災対策を重点的に充実するべき地域の決定の参考とすべき情報を得るため」「周辺地域における放射性物質の拡散の仕方を推定」と言っているのに・・・。結論的にいうと、どの方向に飛ぶ確率が高いかという分布を示しているだけ。「地形が考慮されていない」よりもっと以前の問題です。

Onagawasim20121024

 たとえば仙台市の地域防災計画を作るのに必要なのは、女川⇒仙台の方向の風(西~西南西)が吹く確率ではない。その風が吹いているときに、女川で事故が起きた場合、放射性物質の雲が海を渡って50㎞の仙台にどれだけ来るのか、チリとして降るのかということ。
 間に山があれば山を越えてくる量は減る。仙台までは、ほとんど海。仙台平野や山間部に湿気を含んだ空気が雨を降らすとどうなるのかなど、有効な情報は何もありません。

 何のためのシミュレーションなのか。これを真に受けて、対策を軽くするなど許せません。
 仙台市は、地域防災計画を決める防災会議に「原子力防災部会」を設けて「原子力災害対策編」の検討に入ることを発表しました。10/30には、東北電力を含む9人の防災会議委員に加えて、石井慶造氏(東北大学量子エネルギー工学)、千田浩一氏(東北大学医学部)、石川一郎氏(原子力安全技術センター)や仙台管区気象台など各分野の専門家とPTAなどからも専門委員として入ってもらって第一回の部会をひらきます。会議は原則公開となると思われるので、できる限り傍聴したいと思っています。

|

« 復興予算は被災者の生活再建のために…仙台市議会(9/5~10/5) | トップページ | 読んだ本などの記録用にカテゴリーをつくりました »

コメント

地形は勿論重要ですが、フクシマの例を見れば、
地表面の風向き次第で海を回り込む事さえある以上、
予測など無意味では無いでしょうか。

数値の高さにもっと注目すべきと思います。
7日間100mSvは、年換算5200mSv!
現行避難基準・年20mSvの実に260倍!

濃度260倍・半径rの円柱が、
高さHのまま(対流圏想定)単純に均一拡散し、
体積260倍・半径Rの円柱になると濃度は現行基準。

260×π×r×r×H=π×R×R×H
R=√260×r
 ≒16×r

7日間100mSvの避難距離が30kmなら
480kmが現行避難基準・年20mSvの避難範囲。
避難計画って…30km圏から、一体何処へ逃げるのでしょう?

詳細⇒ http://p.tl/PGzx

投稿: でじたるコミック | 2012/11/07 17:39

デジタルコミックさん コメントありがとうございます

いろんな予測をして対処策を考えるより、
重大な影響を及ぼすことが明らかになった原発ですから
廃炉にするのが一番良いと私は思います。
「無意味な予測」ですね。

その本質的に無意味な予測も、間違って、何度も訂正しているのは、さらに意味がないと思います。

1週間に100ミリシーベルトの基準自体も問題ですが、地上に落ちた放射性物質による外部被ばく、地上に落ちないで漂っているプルームによる外部被ばくと、吸い込んだことによる内部被ばくを合算して考えているようです。(とりわけ、半減期の短いヨウ素の影響が最初の時期には大きいですから、1年間の被ばく量は単純に52倍にはなりません)

いづれにせよ「許容被ばく線量」での事故ならば仕方ない…という考え方をやめるべきだと思います。

投稿: hanaki | 2012/11/08 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/55970116

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力規制庁の拡散シミュレーション そんな狭い範囲だけでは対策は足らない!:

« 復興予算は被災者の生活再建のために…仙台市議会(9/5~10/5) | トップページ | 読んだ本などの記録用にカテゴリーをつくりました »