• Dsc08134
  • Dsc08135
  • 201612_1
  • 201612_3
  • 201612_2
  • 744web__1
  • 744web__2
  • Img_2464
  • 201603
  • 201602s__1_2

« 昼間の脱原発集会も楽しくていい! | トップページ | 原発問題とともに憲法が重要な争点に »

2012/11/30

2012年11月に読んだ本

11/2~11/7、11/8~11/12

「悪の教典」(上・下)貴志祐介 文春文庫

 「新世界より」が面白かったので読んでみた。途中「もう読みたくない」と正直思った。
 「新世界より」でも感じた、人間への不信(人間の攻撃性への確信?)をそのまま小説にした感じ。どこにも、救いも希望もない・・・。

Photo_5

11/12~11/13、11/14~11/15

「天地明察」(上・下)冲方 丁(うぶかた とう) 角川文庫

新潟、東京、千葉への視察途中の列車で読んだ。こういう小説が好きです。映画も見たい。

Photo_6

11/16~11/20、11/21~11/25

「アトランティス殲滅計画を阻め」(上・下) アンディ・マクダーモット 

                 訳 棚橋志行  ソフトバンククリエイティブ

高校の同級生の棚橋くんの訳。アクション場面が多く、頭の中で状況を描くのが大変。こういうのは映画にしたほうがいいのかな。

Photo_7

11/25~11/29

「往復書簡」湊かなえ 幻冬文庫

会話だと数センテンスでのやり取りだけど、手紙だと一つの物語を作ってやり取りできる・・・。お互いに、本当のことを語っているようで、その中にウソをもぐりこませていく。とてもスリリングな展開。悪意からではないウソが積み重なって、最後は理解しあえる展開は、ほっとする。映画はまだやっているかな?DVDになってからでも、借りて観よう。

Photo_8

« 昼間の脱原発集会も楽しくていい! | トップページ | 原発問題とともに憲法が重要な争点に »

読んだ本・観た映画DVDなど」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年11月に読んだ本:

« 昼間の脱原発集会も楽しくていい! | トップページ | 原発問題とともに憲法が重要な争点に »

無料ブログはココログ