無料ブログはココログ

« 花木則彰市政リポートVol.68 久しぶりに発行しました | トップページ | [3.11+1日]3/12は原付バイクで仙台市中心部に 避難所の様子 »

2013/03/11

[3.11+0日]あの日から 2年が経ちます 今日からしばらく震災時を振り返ってみます

 2年前のあの時、自分は何を見て、何を感じて、行動していたのだろうか・・・。

__1_141x200

 今日からしばらく、当時の記憶と、昨年に日本共産党市議団でまとめた「東日本大震災 活動の記録」をもとに振り返ってみようと思います。表紙と目次「kiroku_hyousi.pdf」をダウンロード

 

 2011年3月11日

あの日も市議会は予算審査特別委員会が開かれていました。ちょうど、15分の休憩に入った時(14:46)、私はまだ特別委員会室にいてメモを整理し立ち上がろうとしたところでした。がさっがさっ、と大きく揺れ始め机の足元にもぐり、上から物が落ちてきても大丈夫なように、椅子の背中を自分の方に向けました。立ち上がっていた人は、「早く!机にもぐって」と声をかけても壁や柱にしがみついて動けない・・・ずいぶん長い揺れでした。

11p0235_450x338

 揺れがおさまって、委員会室の向かい側にある共産党の控室に入ると、こんな有様。急いで、建物の外、駐車場に避難。あちこちのビルから、人が出てきて市役所前に集まっていました。

11p0236_450x338

 その日の議事は取りやめて、各自地元の地域へ向かいました。私は、市役所前にいた市民の方に「吉成方面へ向かいます。同乗する方はいませんか」と声をかけ、二人を乗せました。大学生の息子にメールをして途中ひろおうとしましたが、返事はなくバイクで先に帰宅していました。車に乗った途端、雪が降り出しました。

 そして、車のTVでは津波の警報と襲来のニュースが流れ始めていました。渋滞が起きていない裏道も使いましたが、メインのルートは渋滞でなかなか進まず、お二人をそれぞれのお宅まで送って自宅に着いたときは、もう真っ暗でした。

 家族全員の無事を確認して、息子を連れて車で、小中学校を4か所まわり、避難状況を確認。夜になって、避難所に来る方が増える一方、避難所自体明かりもなく真っ暗な中で夜を明かしたところも多かったのです。一か所は、建設業の住民が発電機を持ってきてくれて明かりがありました。

 我が家は、炊飯器にあったご飯でおにぎりを作り、車に6人で夜を明かしました。車のTVで繰り返し津波の映像が流れましたが、被害の実態はつかめませんでした。

その日の夜中、携帯電話からブログにアップした記事バックナンバー2011.3へのリンク

「心配かけてます
家族みんな無事に家についてます
家の前の車で寝ます
避難所となる小学校は電気つかず、大きなストーブもつきません。毛布もないところも…

 

どこも真っ暗です。停電は続きそうだ。避難所に発電機は備えるべき。

 

さて、明朝は忙しくなります。余震続いてますけど寝ます。
それぞれの家の前で過ごすことになりそうです

 

|

« 花木則彰市政リポートVol.68 久しぶりに発行しました | トップページ | [3.11+1日]3/12は原付バイクで仙台市中心部に 避難所の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/56930814

この記事へのトラックバック一覧です: [3.11+0日]あの日から 2年が経ちます 今日からしばらく震災時を振り返ってみます:

« 花木則彰市政リポートVol.68 久しぶりに発行しました | トップページ | [3.11+1日]3/12は原付バイクで仙台市中心部に 避難所の様子 »