無料ブログはココログ

« 汚染土の減容(=濃縮)は中止することになりました | トップページ | 仙台市の保育所 保育士が足りない状態で新年度スタート »

2013/03/31

仙台に、なかなか春が来ないなあ

 月末、年度末の今日。「やっと春らしくなりましたね」と声をかけながら、地域を歩こうと思いましたが、仙台にはまだ春はこない・・・。

Img_0116_450x336

 我が家の前の梅の木、一つだけつぼみが白く膨らんでいましたが、まだ咲きません。震災のあった2011年には、3月8日に咲いたのですが・・・今年は、遅い。全国では、桜の開花や満開が例年よりずっと早いというニュースですがねえ。

Img_0125_450x336

 おまけに、雪まで降りだしました。午前中は、折立地域を訪問しましたが、宅地被害の地域は、まだ復旧工事は手つかずで、いっそう冷たさを感じます。公共工事で宅地の復旧を行うことになっているこの地域ですが、実際に宅地工事が終わり、被災者が自宅再建に取り掛かれるのにはまだ時間がかかります。

Img_0127_450x336

 この公共工事に、自己負担が求められています。自宅の擁壁にかかる工事費の1割です。経済的に苦しい被災者への減免を行うべきだと求めてきましたが。やっと、生活保護受給者だけでなく、年金生活者、障害者世帯にも適用をすることになりました。最後の一人まで、生活再建ができるようひきつづき手立てを積極的に提案し、実現させたいと思います。

 

|

« 汚染土の減容(=濃縮)は中止することになりました | トップページ | 仙台市の保育所 保育士が足りない状態で新年度スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/57073221

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台に、なかなか春が来ないなあ:

« 汚染土の減容(=濃縮)は中止することになりました | トップページ | 仙台市の保育所 保育士が足りない状態で新年度スタート »