無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013/05/29

仙台市奥山市長 再出馬表明で、被災者の生活再建にはふれず「まちづくり」か

 奥山市長が5/27記者会見を開き、8/11投票日予定の仙台市長選挙に立候補表明をおこないました。その会見の中では、被災者への医療費・介護利用料免除の打ち切りに対する反省もなく、「復興後のまちづくり」への意欲を表明しました。

D_4355kaiken201305

 共産党市議団は、今日5/29に、この間市政アンケートに寄せられた切実な市民の声をマスコミにも明らかにしようと記者会見を開きました。「せめて、仮設住宅暮らしから抜け出して、安定した生活が送れるようになるまで、医療費の心配をしなくてもよいようにしてほしい。」「定期的に通っていたが、病院に行けなくなった。」・・・これまでに市議団に届いた回答約600通の約半数には、医療費介護利用料免除打切りで苦しむ被災者の声がびっしり書かれています。中には、抗がん剤の治療を受けていて4月から高額出費となり「心も体もくたくた」など一刻も放置できないものもあります。

 被災者の市への要請にも、市長は出てくることを拒み、担当局長や副市長を通じても声は届いていないかのようです。被災者の生活再建抜きの「復興まちづくり」も、対話抜きの「市民との協働」もありえません。

 子育て支援、中でも保育所の待機児童解消に意欲を見せたとの報道がありました。待機児童解消よりも、毎年のように公立保育所を廃止する「行革」を優先する市長が何を言うのか。

 6月議会では、被災者や市民にとって求められる仙台市政の方向をしっかり示して論戦を行いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/27

落ち着いてブログは書こう・・・と思っていると、もう半月

 ホームページを開設したのが2002.7。2004.8からはブログもはじめ、基本はブログに移行。
 ココログ、ツイッター、フェイスブックと加えてきました。最近やっと、どう使い分けるか整理がついてきたところです。ブログは、後で振り返って見ても、当時の状況がよくわかるように、一つ一つの問題を、資料も含め出すようにしたいと思っています。

 でも、ちょっと固く位置づけすぎたか・・・ブログを更新するのに「後で落ち着いて書こう」と間が空いてしまう傾向が。

 FB https://www.facebook.com/noriaki.hanaki

 twitter  左サイドのウィンドーから 見てください。

簡単にこの半月にあったこと。

 5/13から15には党市議団で神戸市の視察に行ってきました。長田区の巨大開発事業、18年後の今の問題点を聞きました。

Dscn1097_450x338

Img_0209_450x336

 また、復興公営住宅のつくりかた。神戸市の方法と、お隣の芦屋市の方法。地域、コミュニティーが破壊された18年と、元の地域に溶け込んだ復興公営住宅。今、仙台での分かれ道だと思います。

Dscn1115_338x450

Dscn1138_450x338

 17日には、高校の同級生が三重から来て、被災地の状況を案内しました。津波被害と宅地被害、それにマンションの被害、TVからだけでは伝わっていないことがたくさんあると改めて感じました。このブログでも、そこをもっと発信していかなければと思います。

Dscn1139_200x150

Dscn1142_200x150_2

 参議院選挙に向けて、地域の後援会の取り組みや、その後の市長選挙で争点にしなければならないこと。ネットで、できることも広がっています。試行錯誤を重ねていきたいと思いますので。ぜひ、コメントもお寄せください。

Dscn1165_450x338

Dscn1188_450x338

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/12

花木ニュース 5月号(Vol.70) 無責任な政治を変えよう!

Hanakinews70__1_318x450

 今日は夕方から、事務所ニュースを作っています。月に一度発行。赤旗新聞の日刊紙への折り込み、後援会ニュース読者への配布をしてもらっています。
 被災者への医療費・介護利用料の一部負担金免除を打ち切ったことに、被災者から怒りの声が上がっています。被災者の生活再建にまじめに向き合えない、今の政治。他の重要課題でも無責任さが際立っています。
 国民・住民の力で、国・県・市の政治を変えさせる。参議院選挙に加え、仙台では8月に市長選挙、秋には県知事選挙があります。

Hanakinews70__2_318x450

 2面は、現在準備中の議員条例提案について書いています。(PDFはこちら「hanakinews70.pdf」をダウンロードDannews512__1_138x200_2

 こちらは、5/8の要請行動(ブログ記事参照)を伝える市議団ニュースです。

 明日から3日間、共産党市議団で神戸市に調査に出かけます。震災から18年が経過した神戸市で学んで、仙台での10年20年後をイメージしながら論戦ができるようにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/08

「うちの仮設住宅でも もう3人も死んでいる」被災者の命にかかわる問題だ

Img_0190_450x336

 このブログでも繰り返し取り上げてきた、被災者の医療費・介護利用料の免除を打ち切った問題。継続を求めた3月の要請行動につづいて、今日5/8、仙台市への免除復活を求める要請行動が100名を超える被災住民らの参加で行われました。


Img_0189_450x336

 要請書を出したのは、宮城野区民要求連絡会、区民要求の実現をめざす若林連絡会、市民要望の実現をめざす泉区の会、区民要求の実現をめざす太白区連絡会、区民要求を実現する青葉区の会、いのち、緑、平和を守るみんなの会と
9つの仮設住宅自治会の会長さんたちです。(
扇町一丁目仮設住宅おにぎり会、岡田西町仮設住宅自治会、南蒲生町内会、高砂一丁目公園仮設住宅自治会、東通仮設住宅町内会、ニッペリア応急仮設住宅自治会、卸町東二丁目公園仮設住宅自治会、三本塚町内会、あすと長町仮設住宅自治会)
 求めたのは3点。
被災市民の窮状を救うため、仙台市が医療費、介護利用料一部負担金の免除を復活させること。
県内の被災自治体でも免除復活に取り組めるよう、宮城県に強力に働きかけること。
国が8割負担する今の制度を、元通り全額負担に戻し、この間の自治体負担分を支給するよう国に求めること。

以下、その様子です。

 要請書提出 出浦➡藤本副市長に
 署名追加提出 +291/若林1640+宮城野945 /合計2585

 高見 市議が共産党市議団の市政アンケートから、 子どもの病院かかれない、ガンなど深刻な病気、他市から避難された方の声など紹介。

 当局からは、藤本副市長、高橋高齢部長、吉田保険年金課長、坂本介護保険課長に対応してもらいました。

卸町東2 仮設住宅 会長
財政どうこうと言われるが 被災者のこと考えて打ち切りを再考することないのか
...
東通仮設住宅 会長
政令市は県を引っ張る力あるはず
医療費打ち切りで、カゼ引いても、腰痛くても病院行けない
市長出てきて回答すべき

あすと長町 会長
ひどい仕打ちだと思う
福島、岩手でできてなぜ宮城でできない
政令市は自力でできる力ある。継続を

東通仮設 被災者
また大津波にあっている気分だ
母の特養での負担は、月   24000円から4月からは55000   円に上がった、貯金取り崩している。

あすと 長町 被災者
復興公営住宅できるのが、あすと長町にないと大変、市長は市として全力で努力する と言った。
医療費でも本当に全力で取り組んで欲しい。

南蒲生 岡田西町仮設住宅
住んでいるとどんどん体調崩す。
隙間風で健康損なう、ー早くこの生活抜け出さないとと思う。
これまでに自立した人どれだけあるのか、 それもほとんどないのに、医療費打ち切りとは。 60…80代でも自立、公営住宅に行かなくてもいいように見通し持てるように。自分の家を持てるように。

新婦人太白
あすと仮設住宅でお友達が言っていた。
せめて普段の生活取り戻せるまで免除を継続してほしい。医療費も払えなくなっている。住む、食べるもままならない。介護保険、知らないうちに上がって取られてる。24年度分の国保料督促きてるがどう払えばいいのか。

錦町 診療所
被災者のおかれている状況その通り。診療所で聞いた患者さんの声。
3月 には、打ち切りのニュース聞いた患者さん。署名、県知事交渉にも行った。ささやかな援助をなぜ打ち切るか。
4月 になると、今月から取られるようになるんだもんね。市は財政難と言われるが、どれだけ真剣に医療費免除の問題考えたのか。

宮城野の里 ケアマネ
岡田、蒲生の利用者もいる。
広い家で自分の役割持って暮らしていた方が、仮設住宅暮らし。
お風呂も一人では使いにくい。
5/10すぎにモニタリングで利用者さんの訪問をする。「もう負担できない」と言われるのではと心配。免除制度を復活させて欲しい。

若林区荒浜 元住人
荒浜に10数年住んでいた、今は東通仮設住宅。
今日は来れない人の代弁する。
3月の要請で「父 前立腺がん、夫脳腫瘍」と涙ながらに訴えた人。
4月に入って 夫に三つ目の脳腫瘍みつかった、手術に20万円はかかる。
流失した家のローンも払ってる。どう暮らしていいのか。訴えてくれと言われて来た。

三本塚 住民
高齢者の仮設住宅暮らし、狭いほとんど歩かない生活、足腰弱ってくる
年金で生活だけで大変。家の再建は無理とあきらめざるを得ない。
せめて復興公営に入るまで免除続けてほしい。
市長に直接聞いて欲しかった。

幸町市営住宅から避難している方
市営高層住宅から鶴ヶ谷に仮設住まい。交通費も、医療費も、通っている4つの病院すべてでお金かかる。
受診回数減らす、治療辞める、酒もやめたが。来年幸町住宅が再建されて帰ることを支えに生きている。
幸町の元住民のみなさんで、月一回の食事会。話題は医療費と鶴ヶ谷のさびしさ。
市長出てこないと、だめだ。他の話いいから医療費を決断してくれ。

藤本副市長
署名、苦労のお話、重く受け止めて行きたい
市として生活再建に取り組んでいるつもり
要望いただいた医療費の問題は
基本は国によって行われるべきと、仙台市は考えている
他市と連携、国にもこれまで数度に渡って要望してきた ( いつ?と聞かれたが答えられず)
国の財政支援がなければできない、と打ち切りを決断した。
国には継続して欲しいと4月市長会で決議した。
宮城では、県の負担なくては維持できない。

参加者
仙台は岩手県並み、税収もある。仙台市独自でもできるのではないか

藤本副市長
県と市では、財政構造も違います。県と市町村が 一割づつの負担で継続したのが岩手県。 仙台市の立場は県にもお伝えしたが、県は県の判断で行われたこと。
仙台市独自でやって欲しいということだと、20億かかる。
市職員人件費カット、市長も報酬のカットも実施している。
市としてできる限りの対応したい、国にも要望を復興局に市長が行う。
6月には厚労省に復活に向けて要望する。

Img_0191_450x336

参加者
うちの仮設住宅でも、もう3人も死んでいる。命の問題だ。

藤本副市長
要望には市長も動く

みんなの会代表
市長に伝えて、直接聞いて欲しい。
市長の政治決断で、20億円を捻出できないはずがない。 できる。
使い方変えて。工面して。医療費減免をやる。
副市長辛い立場とは思うが、市長に声を伝えて決断を。
議会でも反対する人いないはず。
地元国会議員にも、命に関わることなんだと力出させて。
市長の政治決断に期待する。

今後、仙台市に対する、免除復活の署名を集めて、市長に直に被災者の声を聴くよう迫ろうと話し合われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/06

我が家のGW定番は、「定義さん」

 ゴールデンウィークも今日で終わり。毎年のことながら、何日休めるのか家族の予定が立たないため、「どこかに旅行」とはいかず、その時になってから「どこかに行こう」となります。
 そんな時には、「定義さん」青葉区西部、大倉定義。仙台から山形へ向かう国道48号線を熊ヶ根から北へ入るルートは、結構混むのですが、裏道を駆使してほぼ渋滞にはまることなく我が家から往復できます。

Dscn1069_450x338

Img_0180_336x450

 今日が誕生日の一番下の息子の希望を聞いて、午前中は映画(クレヨンしんちゃん)。午後は定義さん。夜は焼肉屋となりました。

Dscn1063_338x450

 お昼すぎに定義に到着。かなり広い駐車場ですが、ほぼ満車状態。車を停めて、お蕎麦屋さん十里へ。十割そば、しんじょうを頼みました。おなかが落ち着いたところで、向かいの公園に。お寺の方が、きれいに手入れをしてくれていて、いつも気持ちよく過ごせます。

Img_0178_450x336

Dscn1064_450x338

 玉こんにゃくを食べながら、「定義の三角油揚げ」へ。揚げたて厚切りの油揚げに、しょうゆと七味をかけて、店の表の道路に座り込んだり、テントの下のテーブルでかぶりつきます。(1枚120円)

Img_0184_336x450

 参道には、他にもついつい食べてしまいたくなるお店が並びます。最後は、定義如来西方寺にお参りして帰る・・・いつものパターンでした。

Img_0183_450x336

 今から焼肉屋さんで誕生会。3月4月と相次いでアパート暮らしを始めた、長女と長男もひさしぶりにそろっての食事です。

 5年生になった息子は、サッカーを始めることになり、シューズやウェアを買ってもらいご機嫌でした。

Dscn1062_338x450

 昨日は、博物館に「若冲が来てくれました」を下の二人と妻を連れて観てきました。私は先日市会議員文化懇で観て2度目です。休みらしい2日を過ごして、明日はからはいつもの生活です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/03

メーデーと憲法記念日に思うこと 人間らしく働くことがこんなに難しい国

Dscn1042_450x338

 5/1はメーデー宮城県中央集会に参加しました。集会前に激励のご挨拶を宣伝カーで行っていると、トルコから来て働いているという男性が「質問していいですか」と声をかけてくれました。

Dscn1044_450x338

 彼の話を要約すると、①メーデーなのに町のほかの人はなぜ応援しないのか、トルコでは街中がメーデー歓迎の雰囲気になる、②「労働組合がある」と説明されて入った会社だったが、名前だけの組合でどこにあるのか誰が組合員なのかもわからなかった、③今の職場には組合はないが、メーデーに参加しようと休暇をとってここに来た、④(連合系は4月末にやったと話すと)メーデーは5月1日、トルコでもそろそろメーデーが始まる頃、世界中でこの日に労働者が連帯して開くものだ。
 改めて、日本の現在の労働をめぐる状況の劣悪さを気づかされました。
 「一人でも入れる組合があるよ」と宮城一般労働組合を紹介しました。仙台でも外国人労働者を見かけることが多くなりました。意識性の高い人の力を活かしながら、労働組合としての取り組みが求められています。

Img_0164_450x336

4/25反貧困みやぎネットワーク主催の学習会で「ブラック企業問題とは何か」NPO POSSEの今野さんのお話を聞きました。その本質は、人を育てることを放棄している、どんどん会社に入れて、使い捨てる、そのことによって利益をあげ大きくなった企業。世の企業家、政治家はそんな「大」企業を見習おうとしている。

 正規雇用を減らし、非正規雇用へと置き換えてきた中で、非正規雇用者の使い捨てが問題になりました。
 4/26には、「すき屋」のアルバイト店員が首都圏青年ユニオンに加盟し闘ってきた裁判の勝利集集会が仙台でありました。立ち上がって闘えば勝利できる、泣き寝入りをしない貴重な闘いです。

Dscn1011_450x338_450x338

 一方で、正規雇用者も使い捨てが前提とされようとしています。
 仙台市の保育士が欠員を抱えたまま新年度になったことをブログにも書きました。市も臨時職員が集まらない、非常勤嘱託の枠も増やしてみたがそれでは解決できないと、年度途中での職員募集となりました。
 正職員5名と任期付正職員20名。復興事業のための3年から5年の任期付職員をこれまでも雇用していましたが、保育士では初めてです。2年半の任期付き、あと2年延長はありうるとしています。これも、即戦力を期待するが、育てるつもりはない、期待外れならすぐにでもやめてもらう、どんなに優れた人材でも期限が来たら切るという「ブラック」ではないでしょうか。
 保育の職場の中に、正職員、1年限りの臨時職員、非常勤嘱託(週30時間以下)に加えて、任期付正職員とさまざまな雇用形態が持ち込まれ、差別や分断が産まれます。希望していろいろな働き方を選択できるわけではなく、雇用者の都合で押し付けられたものです。人間を育む仕事なのに、人間として尊重されない状況が広がりつつあります。

 労働者、国民の権利を、国家権力から守る基本が憲法です。しかし、ただ憲法に書いてあるだけでは守れません。主権者である国民の力を強く大きくして、国に憲法を守らせる取り組みを進めましょう。4/29に青葉区の大沢地域の9条の会が、地域の修道院をお借りしての「9条まつり」(7回目)を開きました。私も遠藤県議も参加しご挨拶しました。社民党や民主党の市議も参加しています。地域から憲法を守れ、9条を守れという国民過半数の世論を作り上げましょう。
 今日は、宮城憲法集会(午後1時30分 仙台駅前アエル5F)で、浅井基文さんの講演が楽しみです。

Img_0170_450x336

Dscn1036_450x338

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »