無料ブログはココログ

« 久しぶりに書きます「読んだ本 2013.4~8」 | トップページ | 市長選を経ても奥山市長には被災者の声が届かない! »

2013/09/08

市長選後最初の議会が始まっています

 大いに市政の改革を訴えて、角野候補が25%を得た市長選挙。選挙後初めての議会が9/3から始まっています。私は、あさって10日(火)代表質疑を行います。傍聴や、ネットでの中継をぜひ見てください。

20133__1_454x650

 傍聴呼びかけの市議団ニュースです。(PDFはこちら→「20133.pdf」をダウンロード

 今回の呼びかけニュースには、議会冒頭に行われた議長選挙についての嵯峨市議団長のコメントを載せました。

2013_479x1000

 この間の仙台市議会は、正式な各派代表者会議の前に、共産党を除くオール与党だけで協議し事実上決めてしまうという問題がありました。議会の運営のための役割分担も、会派の議員数により受け持ち、選ばれた人は民主的運営に心がけるべきだという、当たり前の話も通らない状況です。議会運営上のポストを利用して政治的立場や、利害で差別することがないようにするのは当然です。議員は一人一人が市民から選ばれ、市民の多様な意見や立場を代表しています。いろいろな意見を議員がお互いに主張して議論すること、その一致点を探ることが大切です。市長と議会の関係でも、議会がその多様性から持つ、多面的な検証を加えてこそ、チェック機能を果たせます。

 今回の議長選・副議長選から委員会の所属替えには、与党会派内での協議に多くの時間が割かれました。これまでどおりで良しとしてきたところから、変化としては一歩前進と見ています。もっと民主的なルールを確立して、議会運営は協力して行う市議会になるようがんばります。

 私は、7年間所属した総務財政委員会をはなれ、健康福祉委員会に所属することになりました。1期目最初の1年間やって以来13年ぶりです。子供未来局も所管の委員会なので、保育、学童保育などの分野で取り組みを強めたいと考えています。

|

« 久しぶりに書きます「読んだ本 2013.4~8」 | トップページ | 市長選を経ても奥山市長には被災者の声が届かない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/58151367

この記事へのトラックバック一覧です: 市長選後最初の議会が始まっています:

« 久しぶりに書きます「読んだ本 2013.4~8」 | トップページ | 市長選を経ても奥山市長には被災者の声が届かない! »