無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013/11/20

復興公営住宅整備について市長に申し入れ

 今日(11/20)、共産党市議団で「復興公営住宅の整備について」市長への申し入れを行いました。市が4月に取った仮設住宅居住者への意向調査でも、約3900世帯が復興公営住宅への入居を希望しています。市の計画戸数はこれまで3000戸としていました。もっと整備戸数を増やすべきだとの被災者・市民の声を、議会で私たちも述べてきましたし、夏の仙台市長選挙でも大きな争点としてたたかいました。

 先日、市は供給目標戸数を、200増やし3200戸とすると、ようやく具体的な増加数を発表しました。市民と私たちの運動の成果だと思います。
 しかし、200戸増やした根拠について(1)は医療が必要な世帯2300戸と、(2)その他の世帯900戸との説明があり、市外で被災し仙台で復興公営住宅を希望している市外被災者が整備目標戸数の積算には含まれていません。このままでは、排除されてしまいかねません。

 希望者全員が入居でき、安心して住み続けられる復興公営住宅整備のために、市議団の見解を示し、市への要望をまとめ申し入れを行いました。稲葉副市長に応対をしてもらいました。
(申し入れ全文は「続きを読む」から) 「hukkojuutakuseibi.doc」をダウンロード

Dsc_4626_450x299

 稲葉副市長は、「市外被災者も応募してもらってよい。抽選は、元の自治体がどこでも関係なく行う」と話されましたが、市外被災者の数も整備戸数に加えた計画を立てないと被災者間に分断を持ち込むことになると厳しく指摘をしました。

追記 12/1

 11/28に配られた一般募集の申込書類では、「市内で被災した人に評点+2」となっており、市外被災者を抽選の上でも不利にする内容でした。11/29には、副市長に抗議し、改めて市外被災者も含めて希望する被災者が全員入居できる復興公営住宅を整備すべきだと求めました。(明日から始まる第4回定例市議会で論戦のテーマとします)

 申し入れた項目は以下の通りです。

 

□申し入れ事項

 

一、200戸の追加整備戸数では不足することが明らかであり、希望者全員が入居できる建設計画を持ち2015年度までに整備すること。

 

一、市外で被災し、仙台市内の復興公営住宅に入居を希望する被災者を、計画から排除しないこと。

 

一、追加整備の箇所は、希望者の多い地域に重点を置くこと。市が持っている長町UR住宅跡地を復興公営住宅用地として活用すること。

 

一、復興公営住宅への転居を支援するため、転居費用の支援、敷金の免除、家賃の低減策など独自の支援策を早急につくること。

 

一、被災者が安心して復興公営住宅に住み続けられるよう、入居基準や超過家賃について復興公営住宅の特例を設けるよう国に強く働き掛けること。

 

一、北根黒松や折立への整備も含め、宮城県の県営災害公営住宅整備について、必要な意見、要望を行うこと。

 

続きを読む "復興公営住宅整備について市長に申し入れ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/06

9月10月に読んだ本

市議会健康福祉委員会の視察で出かけています。静岡市、京都市、大阪市、神戸市で障害者支援施設などを見せてもらいます。
新幹線の移動中、「読んだ本」シリーズの書き込みをします。
「神の起源」 JT.ブラナン著 棚橋志行 訳 ソフトバンク文庫
上:9/6〜9/7 下:9/8〜9/10
高校の同級生 棚橋くんの訳。設定は大胆、描写は細かい。ていねいな文章で一気に読めます。

Img021_450x316

「花の鎖」 湊かなえ 文春文庫
9/10〜9/12
「告白」の時も、少しずつ真実が見えてくるこの感じ。ついつい、前に戻って読み返してしまう。
今回は、同じ街、時代が違う3つの話が並行して進む。途中で、登場人物の関係を3つのメモにして、どれが先?と並べ替えながら読んだ。
直後(9/17)にTVドラマもあり、録画して観ました。小説ほど複雑な設定には出来なかったようです。

Img022_314x450

「ストロベリーナイト」 誉田哲也 光文社文庫
9/13〜9/18
TVドラマを先に見た。竹内結子と西島秀俊がカッコ良かったが、「事件」が陰惨だったので本屋さんで手を出せなかった。とうとう読んでしまった…。結局この後、姫川玲子シリーズを次々読むハメになりました。
「ソウルケイジ」 9/28〜10/1
「シンメトリー」10/1〜10/5
「インビシブルレイン」10/5〜10/7

Img024_451x625

「あなたが知らない宮城県の歴史」 監修 山本博文 洋泉社
9/19〜9/25
手に取った時の予想よりうんといい本でした。
縄文時代から戦後の東北大学のイールズ闘争まで。一つの時代や出来事に、あまり細かく書かれてもなかなか興味が持てないが、きちんとした歴史研究を踏まえての概観が描かれていて物語性もあり、良かった。
歴史観も、中央政府と東北の関係をしっかりと見て、経済と歴史の関連も触れられて…いわゆる英雄伝的なものとは違っています。

Img023_288x450

「半分の月がのぼる空」 橋本 紡 文春文庫
Ⅰ:9/22〜9/25 Ⅱ:9/25〜9/27 Ⅲ:9/27〜9/28
中学生の娘にお勧めしてる。橋本さん、じわっといいなあ。
読むと、伊勢弁と言うか三重の言葉とイントネーションに戻ります。

Img025_448x625

「流れ行く者」 上橋菜穂子 新潮文庫
10/15〜10/19
守り人シリーズ 最新作。でも短編集で、バルサ、タンダの子どもの頃の話。

Img026_318x450

「マリアビートル」 伊坂幸太郎 角川文庫
10/20〜10/31
「グラスホッパー」の続編らしい。
東北新幹線が舞台で、テンポもいい。今日も、はやての中で、デッキに開くボックスがあるか探してしまった…。

Img027_323x450

そろそろ 京都に着きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »