無料ブログはココログ

« 福島原発事故由来の放射性指定廃棄物 仙台市内にも存在! | トップページ | なかなかやるなあ 「みやぎ青年9条の会」ハロウィンパレード »

2014/10/25

厚生労働省 育児給付延長 子育て支援をしたいなら制度改善を

Ikujikyuugyou_1

 この間労働基準局、区役所の家庭健康課を育児休暇中のお母さんといっしょに相談に同行しました。2人目の子どもが生まれて育児休暇を取っているお母さんです。

10月半ばに1歳の誕生日を迎えたばかりのお子さんを連れての相談です。上の子の通う保育所に10月からの途中入所を申し込みしましたが、予想通り「待機通知」が届きました。そこで、育児休暇給付の延長の手続きを職場から労基署に行なってもらいましたが、受付を拒否されたのです。

 実は、労基署は「待機通知」に書かれている「入所希望日」が満1歳の誕生日の前々日まででないと受け付けない要件をつけていました。いわく「本当は原則1年の育児休暇明けに復職をしようとしていたが、たまたま保育所に入れず育児休暇を延長せざる得なかった人に半年間の給付の延長をする制度だから」元からもっと休もうとしている方には延長しない…ということらしい。

 保育所の途中入所の申し込みは9月半ばに行ったが、仙台市は月の1日と16日しか途中入所を認めていない、10月1日分の審査に間に合わないからと、10月16日が「入所希望日」とされてしまい、労基署では「入所希望日が誕生日の後なのでダメ」とはねられたのでした。

Ikujikyuugyou_2

 労基署は頑として認めず、市は「1日と16日しか入所はできない以上、他の日にちを希望日として申し込みはできない」といい、このままでは給付の延長は困難な状況です。

 聞けば、「このようなトラブルはよくある」(労基署)、「仙台でも昨年も同様の相談があり、努力したが無理だった」(区役所)と言います。こんな細かい要件をつけていては、子どもが生まれて子育てに追われているお母さんたちにタイミングを外さず手続きをしろと言っても無理です。断るための要件としか思えません。
 同じ厚生労働省なのに雇用保険としての育児給付部門は、子育てを支援しようという姿勢から相当かけはなれた仕事をしていると言えます。制度を改善させるため取り組みます。

 また、子育て中のお母さんたちに、こういうケースに注意するよう仙台市の子育て支援の窓口はアドバイスを出すべきです。制度がいろいろで担当がちがうからというのでは困ります。総合的な子育て支援の窓口、担当者が必要だと感じました。

 

 

|

« 福島原発事故由来の放射性指定廃棄物 仙台市内にも存在! | トップページ | なかなかやるなあ 「みやぎ青年9条の会」ハロウィンパレード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/60543426

この記事へのトラックバック一覧です: 厚生労働省 育児給付延長 子育て支援をしたいなら制度改善を:

« 福島原発事故由来の放射性指定廃棄物 仙台市内にも存在! | トップページ | なかなかやるなあ 「みやぎ青年9条の会」ハロウィンパレード »