無料ブログはココログ

2014/07/17

川内原発 「新基準適合」≠「安全」 もう国民はだまされない

 

Img060_2

 昨日、原子力規制委員会は薩摩川内市にある川内原発の「新基準適合」を事実上発表しました。火山噴火の確率が小さいからとか、噴火しそうだったら燃料を取り出すとか、事故時の避難計画も周辺自治体は対応できないでいるなど、おかしな話のオンパレードです。

 そもそも、「新規制基準に合格すれば再稼働へのGOサインだ」と安倍内閣が考え宣伝しているのが大間違いです。この点で、原子力規制委員会の田中俊一委員長のこの発言は「ある意味正しい」。
 福島第一原発事故で、原子力安全委員会は解体されたが、再編された組織は「原子力規制委員会」と、原子力を規制するための委員会であるかのような名前になりました。しかし、それでも、国民・住民の安全のための組織だとは名乗れなかったのです。
 また、そこが作った「新基準」も、「安全基準」とは言えず、「規制基準」となりました。いくら頑張っても、「こうすれば原発は安全だ」と言える基準など作れなかったのです。

 福島第一原発の事故収束もできず、事故の詳細の解明、原因の究明、防止策の技術的進歩がなければ、本来「新基準」など作りえないのです。「安全とは言えないけれど、このくらいは電力会社は改善しないといけませんね」という程度の「新規制基準」です。

 政府と電力会社のだましの手口に、自ら利用されながら、後で国民的な非難にさらされるのを嫌って上記の田中委員長の発言です。

 安倍首相をはじめ原発推進勢力には次の単純な質問をしましょう。
 「新規制基準に合格すれば安全な原発になるのですか?」と・・・
もし「そうです」などと答えたら反撃しましょう。規制委員会の委員長が「安全だとは申し上げない」と言っているのですから。ごまかすようなら、ごまかしを許さず、単純な質問ですからYESかNOか、迫りましょう。

 川内原発再稼働に反対する運動に、全国から連帯して原発再稼働は絶対に許さないとの声を上げましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

仙台市でも新型インフルエンザ確認 落ち着いた対応が大切

 今日(6/10)夕方のニュースで、宮城県・仙台市で新型インフルエンザの患者は確認されたことが流れました。いずれは、感染が確認されるだろうと予想された事態なので、市民も行政も落ち着いた対応をとることが大切だと思います。

09p0903_2 仙台市のHPでは、「市民の皆様へ」というページに、気をつけることや、手洗いの方法、発熱した際の連絡先など、わかりやすく書かれています。

city.sendai.jp

09p0904_2 県は、知事が会見を開きました。

患者は仙台市内、接触は極めて限定的で、感染が拡大する可能性は極めて低い。としています。

pref.miyagi.jp

 09p0900 実は、今日は午後から,ふなやま議員と高見議員と3人で、仙台市衛生研究所を訪ねて、この間の状況をお聞きしました。

 患者さんからの検体が、着いてから、DNAを分離する作業や、それを新型インフルエンザ用の試薬で調合し、リアルタイムPCR法で検査・判定するという流れについて説明を受けました。

 下の写真の、奥に見える四角い装置が、温度を上げたり下げたりしながら、DNAの判定に必要な部分を増やす装置で、どのくらい増えたのかグラフで出力されます。

出力の一例(陰性:マーカーは増えているが、対象はバックグラウンド以下)が下のグラフ。前処理に1時間強、この機械にかけて、約3時間が最低かかるそうです。

09p0894 

09p0902

  

新型インフルエンザでは、5月に13件、6月に入ってからは昨日まで3件の検査を行ったがすべて陰性だった。検体が持ち込まれるのは、夜であることも多くいこと。熟練したスタッフでないと、デリケートな遺伝子検査なので、外から臨時に応援に入ってもらうことは難しいこと。1チーム(4人)だったのを、2チームに増やして対応してきたが、検査すべき検体がこれからさらに増えると3チーム目を作るためにどうすればよいか検討していること。などお聞きしました。

検体が持ち込まれれば、正確にそして早く結果を出さなければならないため、職員の負担は大変大きいものがあると感じました。

今日、確認された検体は、どこでの検査だったのか・・・明日、くわしく聞いてみたいと思います。

**** 6/11追記 ****

  今朝の新聞によると、岩手にお住まいのバス添乗員さんで、松島に宿泊中の9日に発熱、仙台市立病院に入院中の方ということです。「仙台市立病院の簡易検査で10日、インフルエンザA型陽性と判明。仙台市衛生研究所が詳細(PCR)検査を行い新型感染を確認した」と河北新報記事にあります。県が発表をしたのが夕方ですから、機械にかけて3時間かかることを考えると、午後2時半ころ撮影した上の写真の装置には、ちょうどそのPCR検査をしているころだったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)